うつは早めの治療で改善可能~恐ろしい現代病の真実~

男性

鬱は周りのケアが重要です

ストレス要因が大きいです

青い椅子

うつは、病気とわかるまでに非常に時間がかかるうえに、完治するのにも非常に時間と根気が必要な病気です。仕事に行くことに恐怖などを感じるようななったら特に注意が必要です。職場の周りでも元気が無くなったり、人と会話をしなくなった人がいたら周りの人が早い段階で気づいてケアをすることが大切です。うつ病の主な原因は、人間関係が非常に大きいので、ストレスを感じやすい職場だと感じたら、自分だけでなく周囲に人とも連携して職場環境を改善するようにした方が良いでしょう。昔に比べると、どうしてもストレスが多い社会なので今後もうつ病の患者は増えるでしょう。一度治っても、また職場環境が変わると再発する場合も多いので、無理をしないようにすることが重要です。どこの病院も非常に込み合っており、精神科医自体が足りなくなっている時代です。また、あまりに多くの者へのケアに対する心労で先生自体が鬱に陥る場合があるので、今後は個人の問題として取り扱うのではなく、行政なども積極的に介入していくことが必要でしょう。

自分自身を知ることです

うつ病の初期状態は基本的に自覚症状がなく、自分を責めて自分自身がダメな人間だと思ってしまいがちです。その結果、うつの状態がかなり進行してから、病院で正式に病気だと診断され、治療に余計に長く時間がかかってしまう傾向があるのです。そのような状況を避けるために、自分自身の状態が少しおかしいと感じ始めた段階で病院の先生やカウンセラーと相談することが重要です。そして、自分自身がうつになっている場合はそのことを認めることが大切なのです。そうすることで、対策もとりやくなり、自覚することで自分も向き合うこともできるし、予防も取りやすくなるのです。また、周囲の人も同僚や部下の様子がおかしい時は積極的にコミュニケーションを取ることも一つの手です。そのようなことをして、少しでもストレスが和らげば、完全なうつになる前に回復することもできるし、病院にいくまで悪化せずに回復する場合もあるでしょう。自分自身がうつになって回復した人は、他の人の様子がおかしいことに気づきやすいので、自分と同じようにならないようにケアしてあげましょう。