うつは早めの治療で改善可能~恐ろしい現代病の真実~

男性

心の悩みはありませんか

感情調整が難しくなります

頭を抱えている人

日頃からの忙しさや職場での人間関係など、うつ病に繋がる要因が現代ではさまざまあります。体内では脳内伝達物質のバランスが崩れ、心と体に意欲や活力が減退していく病気です。抑うつ状態が二週間以上続くと、意欲や思考力の低下、自責感などの精神面と、睡眠異常、食欲不振、倦怠感などの身体的症状を引き起こします。このような状態が慢性的に起こると精神科ではうつと認定されることがあります。うつは体内環境の変化だけではなく、引き起こしやすい要素がいくつかあります。遺伝的に持っている性格や生育環境により身に付いた物事の考え方によって、ストレスを上手に対処できなくなることがあります。真面目で完璧を望む性格や神経質で理想が高いなど性格は似ていても、ストレス耐性は人によってさまざまで、気を付けていても突然感情をコントロールできなくなる場合があります。脳内分泌ホルモンの異常が抑うつ状態を引き起こしているので、休養と精神科の指導の下、治療が必要になります。また、日頃の生活に息抜きを作ることも必要となります。

気分障害の治療方法

うつ病には大きく二種類あります。気分や意欲の減退だけが起こる単極性障害と、躁とうつを繰り返す双極性の気分障害があります。中高年を中心に多いうつ病は、治療に抗うつ剤を使用します。セロトニンやノルアドレナリンの作動をコントロールすることで不安を抑制させます。副作用が少ないものも開発されており、体質に合わせて選定することができます。また、否定的になった思考力を取り戻すために認知行動療法などの精神療法により気持ちを整理して、より柔軟な思考力を育てていきます。考え方を見直す精神療法は長期間必要となり、少し良くなってもぶり返してしまう恐れがあるため、定期的な治療が大切になります。躁とうつを繰り返す躁うつ病では、よい時と悪い時の波をいかに小さくするかが治療の課題です。抗うつ剤ではなく抗不安薬を使用し、気分を安定させていきます。比較的若年層に多く見られ、異常に気分が上がり、歯止めが効かないほどの行動力で、判断力が欠如してしまいます。うつ症状は単極性と違いが見い出せないため、治療法の見極めがとても重要になります。