うつは早めの治療で改善可能~恐ろしい現代病の真実~

男性

貴方の周りにもいるはず

誰もがかかる可能性がある

男性

うつ病は昔、真面目な人や正義感が強い人がかかる病気だと言われていました。しかし、今では誰もがかかる可能性がある病気だということが分かってきたのです。これだけストレスが多い現代社会では、実際に数多くの人が患っており、うつ病に悩んでいる人は貴方の周りにもいるはずです。うつ病の特徴は、抑うつ症状と呼ばれる状態がずっと長く続くことです。例えば、やる気が起こらなかったり、何をしても楽しくなかったり、むなしいと感じたり、悪いことばかり考えてしまったりするのです。そして、このような精神症状だけではなく、肉体的な障害が現れることがあります。これには睡眠障害を始め、疲労感や食欲の低下、頭痛や肩から背中にかけての痛み、下痢や便秘、さらには体重の減少と様々な症状が起こるとされているのです。それでは、どうしてうつ病を発症してしまうのかと言うと、脳内の伝達物質として知られるノルアドレナリンやドーパミン、そしてセロトニンが減少してしまうからだと考えられているのです。

どうしたら良いのか

貴方自身がうつ病にかかってしまったら、または身近な人がうつ病を発症してしまったらどうしたら良いのでしょうか。それにはまず、心療内科を受診してみることをおススメします。そして心療内科を受診する時には、できれば誰かに付き添ってもらったり、付き添ってあげることが大切です。うつ病は周囲の人々の理解が重要で、一緒に治していく心づもりが必要なのです。心療内科では、カウンセリングを始め、必要であれば薬を使った治療が行われます。主に、抗うつ薬と呼ばれる薬が用いられますが、抗うつ薬にはいくつかの種類があって、その効果が現れるのには時間がかかると言われていますから、抑うつ症状等が改善されないからと言って、勝手に服用を中止してしまわないことが大切です。ですから、医師の指示に従い気長に治していくようにしましょう。また、あまりにもきつい時には思い切って学校や仕事を休むことも考えましょう。うつ病を治すためには、ストレスから離れて心と身体を休めることが非常に重要になってくるのです。