うつは早めの治療で改善可能~恐ろしい現代病の真実~

笑顔の男性

心の問題を解決

カウンセリング

私たちは誰もが日常の中で色々な問題を抱えながら生活をしているわけですが、それをうまく解決していくのが大切となります。問題を一人で抱え込んでいますと、行き場を失いうつ病を発症するといったことになります。

学生の精神状態

カウンセリング

うつ病の原因には責任感の強さなど、その人の性格や、周りの環境などが上げられます。もし自分はうつ病かもと思ったら、医師に早めに相談して改善、解消することが必要です。学生は特に一人で悩まず、相談しましょう。

シニア世代にも増える症状

悩んでいる人

余生まで意識できる

近年、医学も進歩していて、うつ病を診断する検査に光トポグラフィー検査が提案されていたり、治療薬として抗うつ薬が処方されるなど、完治できる病の1つに挙げられています。特に専門の医療機関において、若い世代のみならず、子供のうつやシニア世代のうつ病の診察から経過観察、治療までを患者と一緒になって行ってくれます。特に、セカンドライフを目前とするシニア世代において、こうした医療機関は人気が高い傾向にあります。老年期うつ病と的確な診断を受けることにより、適切な治療法を提案してくれるためであり、悪化することで入院して治療するケースも少なくないのも実情です。第二の人生計画を立てるシニア世代にとって、入院には難色を示しやすく、伸び伸びとした余生を過ごすことのできる治療方針が人気を呼んでいます。例えば、十分な食事と休養、睡眠による心身の回復を図りながら、抗うつ薬による薬物療法を同時に進めることにより、セカンドライフをしっかり楽しみながらの症状改善を図れると支持されている内容です。

類似する症状

近年、精神科において、老年期のうつ病患者数が増えています。しかしながら、医療機関に赴くためには、うつ症状を周りや本人が把握する必要が挙げられており、誤認識されやすいのが高齢者に多い認知症との見分け方です。原因を判断し、その後適切な治療が進められるため、うつ病と鑑別するための症状の見分け方には家族を含め、専門医でない医師の場合にも気を付ける必要があります。老年期うつ病は、老化に伴う高血圧や糖尿病などの身体疾患や、家庭内での環境の変化が原因で引き起こるケースが多い病気に挙げられています。誤認されやすい症状となる認知症は、何事に対しても無関心になるなど、抑うつ症状が類似しているために注意が必要です。医療機関による目安と言われているのが、自責の念に捕らわれやすく、症状が突如として現れるのがうつ病に該当し、症状が徐々に表に現れるのが認知症の特徴と言われています。この点に着目することにより、医療機関選びにも悩むことがなく、早い治療へと進むことに結び付けることが可能となります。

鬱は周りのケアが重要です

青い椅子

うつ病は非常に判断や治療が難しい病気ですが、決して完治しない病気ではないです。自分自身を良く知り、早めの予防や治療をすることがなによりも早い回復につながるのです。周りの人にも、うつの傾向がみられる人がいる場合は、積極的に声をかけるなどケアをすることが大切です。

貴方の周りにもいるはず

男性

ストレスが多い現代社会では、うつ病に悩んでいる人は多く、誰もがかかる可能性がある病気なのです。うつ病を自身が発症してしまったり、また周りにそれらしき方がいる場合には、医師に相談してみるとよいでしょう。

心の悩みはありませんか

頭を抱えている人

うつ病は意欲の低下を中心に身体的不具合が継続的に起こる病気です。脳内伝達物質のバランスが崩れ、感情がうまくコントロールできなくなります。治療には薬物療法と精神療法を行うことで、否定的な思考の整理をしていきます。